ホーム > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 2017年入社/伊佐 有理加

先輩社員紹介

文系出身からのチャレンジでも安心できるサポート

大学では観光産業を専攻していたため、異分野からの挑戦でした。もともとモノづくりが好きで、工作をしたり、絵を描いたりするのが得意です。観光分野もまちづくりに興味があって選んだ経緯があります。周囲がサービス系へ業種を絞って就職活動を進める中、SEとして働く友人からの薦めなどもあり、システム開発というモノづくりができる当社を希望しました。
入社してからは戸惑うことばかりでしたが、文系出身の先輩も多くeラーニングを使った研修や資格取得支援制度が充実しています。知識がなくても無理なくスキルアップできます。今は先輩方が開発した様々なプログラムの動作確認を行う試験書作成業務が多いのですが、今後はウェブのアプリケーション開発などにもチャレンジしていきたいです。

最先端のシステム開発に携わる、達成感ある仕事

SEの仕事の醍醐味は最先端のシステムに触れられることです。社内でもIoTなど新技術に関する勉強会が行われ、サービス開発に向けた取り組みが進められています。POSレジの開発プロジェクトに携わった際には、消費税率の改定にチームで臨み、社会の新しい仕組みづくりに触れる機会になりました。加えてシステムを作り上げ、動かすという達成感は、SEならではのやりがいだと思っています。
また、働く中でSEのイメージ像が変化していったことを覚えています。入社前はデスクに向かって黙々とパソコンで作業をしている印象でしたが、実際はチームメンバーやクライアントとの打ち合わせも少なくないので、想像していた以上にコミュニケーションが必要なことに驚きました。

就活中の方へのメッセージ

まずは自己分析をすることが大事です。自分が何をしたいのか、自分に何が合っているのかをしっかりと分析することで進路が見えてきます。私の場合はSEという仕事の特徴と自分の興味を照らし合わせ、ものづくりというキーワードでマッチングしていると感じ、この業界を選びました。
当社は地元の沖縄に本拠地がありますが、客先常駐でシステム開発する経験も積めるため、いろんな勤務地で働きたいと思っている人にはぴったり。アットホームな社風で上司との距離が近く、何でも相談できる環境なので文系出身でも大丈夫です。住宅については寮制度があり会社が費用を一部負担してくれるので、生活費を抑えられるのもポイント。業界的にまだまだ女性が少ないものの、出産・育児からの復職や時短勤務などのサポートが充実しています。