ホーム > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 2018年入社/大城 和博

先輩社員紹介

都心部と遜色ない待遇面で、U・Iターンも現実的に

沖縄県出身ですが、高校卒業を機に大阪のIT系専門学校に進学しました。その後、大阪のシステム会社に就職し、カーナビや携帯電話のソフト開発に携わりました。東京の企業では遊技機の映像制御などに関わりましたが、沖縄での就職を希望し、Uターンすることを決めました。自分のスキルや希望する案件から会社を絞り、IT系の開発ができる当社を選びました。
Uターンの場合、条件面などで苦労される方が多いかもしれませんが、この10年で沖縄の経済は発展し、那覇市内の企業であれば都心部と比べて待遇に遜色はありません。また、沖縄は自然が豊かで気候が良く、穏やかな人が多いので子育ての環境にもぴったり。Iターンを検討している人にも自信を持ってお勧めできます。

システム開発を幅広く経験できる環境。ステップアップ支援も充実

入社直後は主にテスト担当者として会社やプロジェクトに慣れるところから始まりましたが、SE経験者ということもあってすぐに開発案件に携わるようになりました。現在は、顧客先に3名チームで常駐し、WEBシステムの開発プロジェクトに参画しています。JAVAをメイン言語にした開発で、設計から、プログラミング、実装時の動作確認まで、幅広く関わっています。
将来的にはプログラムのスペシャリストではなく、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを推進していくことが目標です。知識も技術もまだまだ不足しているので、会社の資格取得支援を活用しながらステップアップしていきたいと思います。

就活中の方へのメッセージ

沖縄は開発案件が少ないイメージがあるかもしれませんが、ニアショアで東京などの都心部から発注されるプロジェクトも少なくありません。実際に開発案件数は多く、仕事はあるけれど人が足りない状態であると感じます。そのためSEは条件面でも恵まれているのではないかと思います。まだまだ成長中の業種なので、これからSEとして活躍したい人にとって沖縄は、チャンスを掴める場所とも言えます。沖縄が好きで「沖縄で働いてみたい」「沖縄に戻りたい」と思っている人には非常に良い会社。ぜひチャレンジしてください。また、土地柄もあって一緒に働いている皆さんはアットホームで気さくです。定期的に社内イベントがあるので、沖縄出身ではなくても、すぐに打ち解けることができますよ。